ゴキブリの生態と習性

ゴキブリは3億年ほど前に登場して以来、ほとんど姿を変えずに現在まで生き残っており、「生きた化石」といわれています。

ゴキブリの種類は熱帯を中心に全世界に約4000種、日本には52種類とされており、本州・九州では19種類が発見されています。関東の飲食店や家庭で見るのは、殆どがチャバネゴキブリとクロゴキブリです。

日本最大の衛生害虫 チャバネゴキブリ

チャバネゴキブリはもともと熱帯産のゴキブリですが、空調設備が普及し、建築物内の高温環境が年間を通しての生息・繁殖に適していること、平均産卵数が多いことなどから、現在は日本最大の衛生害虫となっています。

サナギにならず、幼虫が5回ほど脱皮を繰り返して直接成虫に成長し(不完全変態)、幼虫も成虫も生息場所が同じです。薬剤に対しても強い抵抗性を発現しています。

 成虫の体長は11~15mm。名前のとおり薄茶色をしています。れっきとした昆虫ですが、飛翔能力はなく、1~2mの狭い行動範囲で生きています。フンに集合フェロモンがあり、フンの集積場=コロニー(巣)となっています。メスは生涯に4~5回産卵しますが、卵はカプセル状で1回平均38匹出産します。

塩以外のものは何でも食べる雑食性で、特に好物は玉ねぎ、ビール、小麦粉?25℃の温度条件では孵化から30日ほどで成虫になり、猛烈に繁殖を繰り返します。冷蔵庫や製氷機などの人の手や眼が届かない熱源機器の内部に営巣します。とにかく繁殖力は凄く、ネズミ算の数倍に及びます。

冷蔵庫のモーター部に群生しているチャバネゴキブリ
冷蔵庫のモーター部に群生しているチャバネゴキブリ

不快害虫の王様 クロゴキブリ

クロゴキブリはもともと野生種で、下水道や浄化槽などに多く生息しています。クロゴキブリの移動は生息密度に大きく左右され、生息密度が高い場合、より生活しやすく食料の供給が豊富な場を求めて、かなりの距離を移動する個体があります。逆に生息密度がそれほどでないときには、ほとんど巣の周囲を離れません。

成虫の体長は30mm前後。ご承知の通り艶のある黒褐色をしています。

運動能力が高く飛翔能力は4~500m、走力は人の大きさに例えれば新幹線並み?

フンに集合フェロモンがあり、フンの集積場=コロニー(巣)となっています。

生息密度が高くなると、チャバネと違い、自立して巣を出て行きます。

1個の卵鞘から平均25匹誕生しますが、メスは卵鞘をかなり適当に産み落とします。

グロテスクな姿は嫌ですが、チャバネに比べると駆除は比較的容易です。

電話でもお気軽にお問い合わせ下さい。ゴキタイフジサワ  TEL:0466-33-0739